メロンパン

菓子パンが食べたくなり、メロンパンを焼きました。母と一緒に作った事はあるけど、自分で作るのは初めてです。ネットで良さそうなレシピを見つけて作ってみました。

メロンパンは子どもの頃から大好きでした。果物のメロンは苦手だけれど、名前の割にまったくメロンの味がしないじゃん。と思っていました。高校生の頃は、よく部活終わりにセブンイレブンでメロンパンを買っていました。安くて大きいし、美味しかったんですよね。それから塾に行って、家に帰ったら軽く夕飯も食べて、ととんでもない食生活をしていたと思います。若いってすごいですね。

 

焼く前と、

f:id:yf-c:20210622061631j:plain

焼きあがり!

f:id:yf-c:20210622061710j:plain

クッキー生地をもう少し大き目に伸ばすべきでした。クッキー生地にアーモンドパウダーが入っていてさっくり、味も美味しいです。パン生地は一日たつとすこしパサついてしまいました。中種法で作ったらもっと美味しいかも。試してみたいです。

 

飽きるまで毎日食べられそう。健康には悪いかな…?

 

バナナのおやつ

暖かくなってくるとバナナの熟成速度が速いです。気が付いたらシュガースポットが…!そんなバナナはベーキングに使うのにもってこいです。

とはいえ、バナナのお菓子はバナナローフくらいしか作った事がない。暑い日が続いていたころだったので、重いお菓子よりも、ふわっと軽いものが食べたい気分でした。あ、シフォンケーキが食べたい。と思ったのですが型がありません。ネットで調べて、バットで作れるシフォンケーキというものを発見したので、バナナシフォンケーキを作ってみました。

f:id:yf-c:20210616090702j:plain

型が少し大きかったので、薄めになってしまいました。

f:id:yf-c:20210616090802j:plain

切り分けたところ。

シフォンケーキとは言えず、バナナのスポンジケーキという感じでした。でもなかなか美味しかったです。アメリカンベイクのようなどっしりした物の気分ではない時にはいいなあ~と思いました。

シフォンケーキの型を買ってみようか、悩み中です。。。

 

焼いたパンたち

暖かくなってきて、パンの発酵も速くなってきました。

これくらい暖かくなってくると室温でオーバーナイトは怖いので、夜は8割くらい発酵させてから冷蔵庫に入れた方が安心かな。。

ひとつめはイーストで作った食事パン。ランチのアイデアが全く浮かばなかった日に作りました。ランチはどうしてもパスタに頼りがち…続くと少し胃に重たいなあと感じてきます。この日はパンとスープで。スープは野菜がたっぷりとれるから好きです。

f:id:yf-c:20210610064136j:plain

丸いのはチェダーチーズ入り。焼きたてはチーズがとろけていて最高です~卵を塗ったから焼き色がきれい。

つぎは食パンたち。一つはプレーンなサンドイッチ用。もうひとつは牛乳が余っていたので牛乳100%のリッチなミルク食パンを焼いてみました。甘い香りがして、ふわふわ!この軟らかさは牛乳の効果なのだろうか。

f:id:yf-c:20210610064547j:plain

f:id:yf-c:20210610064614j:plain

スライスして冷凍しました。おやつにジャムを乗せて食べる用に。

引っ越してきて新しいオーブンを使っていますが、予熱も速いし、良く焼けます。電気代も下がってくれたら良いなあ~

 

おやつのマンネリについて悩む…

今週はLong weekendです。最終日の今日は天気が悪く、家でじっとしています。最近図書館にもいっておらず、本もないので少し退屈です。電子書籍は便利かなあと思うのですが、使ってみてもなかなかディスプレイやページをめくる感覚に慣れず、やっぱり紙の本が良いなあと思うのです。

 

さて、最近はまたおやつを作るようになっているのですが、レパートリーが少ない事、ネタ切れ感があり悩んでいます。わたしのGo-toスナックはマフィンです。特にブルーベリー。冷凍ブルーベリーは常にあるので、作りやすいし、何度もつくっているので失敗がないから、作るものに悩んだ時はいつもマフィンになってしまいます。

不満はないのですが、もっと違うものを食べたい!作った事ないようなものに挑戦したいという欲がわいてきます。とはいえ型がなかったり、材料をそろえないといけなかったりで、躊躇してしまうのが現状です。彼は物欲があまりない(我慢しているのかな?)ので、私ばかりあれこれ新しいものを買うのも気がひけますし、今は収入もないし。

母は夏になるとよく、コーヒーゼリーやフルーツゼリーを作ってくれていました。日本の夏は本当に暑いから、ひんやりしたおやつが食べたくなるんですよね。

 

f:id:yf-c:20210525092331j:plain

レモンポピーシードマフィン。またマフィン。

 

food52.com

こんなおしゃれなレシピとか、

Recipes – Tagged Baking – Flourist

こういうレシピとか作ってみたいなあ。。

Breka Bakery

メインストリートに最近オープンしたベーカリーに行きました。

Breka Bakeryはダウンタウンなどにも数店舗あるお店です。Wifiも使えるし、なんと24時間営業しています。(わたしは夜に行った事はありませんが)
ワーホリ時に一緒だったカフェのアルバイトの子が、早朝カフェで働き、その後このベーカリーで働くという鬼シフトをしていたのを思い出しました。若いときって体力がありますね。

私もダウンタウンの店舗に行ったことがあります。だいたいカフェ利用なので、ペイストリーやクッキーとコーヒーを頼んでいました。なのでパンは食べたことがなかったんです。焼いたパンを使ったサンドイッチもたくさんあり、美味しそうだなあとおもっていました。

今回買ったのはライ麦のパンとドーナツです。

f:id:yf-c:20210522072319j:plain

こちらはDark Rye Multigrain Bread。ライ麦と穀物ミックスが入ったパンです。白いパンにくらべるとどっしりとした感じで、少しもさっとした食感です。味は酸味と苦みのような風味があり、良い意味で癖があります。薄くスライスして、おかず系のトッピングと合わせるのがおすすめです。北欧ではクリームチーズ、スモークサーモンなどと合わせるのが定番のようですね。私もクリームチーズを合わせて食べてみましたが、美味しかったです。アボカドをトッピングしても美味しいだろうなあ。ちなみに夫はピーナツバターを塗っていたのですが、組み合わせはいまいちだっだそうです(笑)

 

f:id:yf-c:20210522072937j:plain

 こちらはおやつのドーナツ。シュガーとパッションフルーツです。パッションフルーツは夏限定のフレーバーなのかな?ドーナツの種類も結構豊富で、クリームが入ったものなんかもあるのですが、以前食べたところクリームが甘すぎて胃もたれしてしまいました。こちらのプレーンなドーナツたちはまずまずでした。ドーナツなら、グランビルアイランドにあるLee's Donutsが一番かなあ。ああ、、ミスドが恋しいです。

 

ブリオッシュローフも気になったので、またパンを買いに行ってみよう!

ルバーブでジャム作り

ルバーブというお野菜。初めて見たのは軽井沢に行った時に立ち寄った道の駅でした。茎が長く赤い色をしていて、母がこの野菜を知っていたので、購入しジャムを作った事を今でもよく覚えています。私の住んでいた神奈川の普通のスーパーではお目にかかることは無く、寒い地域で育つそうなので長野で作られ売られていたのでしょう。

カナダに来てスーパーやカフェでその名を見つけた時はとても嬉しくびっくりしました!北米ではジャムやお菓子作りによく使われるポピュラーな野菜のよう。5月ごろになると普通のスーパーでも見かけます。でもファーマーズマーケットのものの方がフレッシュで美味しそうです。

カフェではルバーブのケーキ、ドーナツ屋さんでもルバーブのフィリング入り、アイスクリーム屋でもルバーブ味と旬がくるとその名を良く見かけ、ネットでもルバーブを使ったお菓子のまとめがあったりと、なんだかワクワクしてしまいます。味は少し酸味があって、なんとも表現しがたいのですが、、あまり癖はないとおもいます。

私はお菓子を作ってみた事はまだないのですが、ジャムを作っています。お砂糖と混ぜて水分が出てくるまで置き、レモンを少しいれて、火にかけて煮立ったら弱火にして少し煮詰めます。10分くらいで、繊維がほどけてきたらお好みの硬さに煮詰めて完成。短時間で簡単にできてしまいます!そのままトーストに塗っても良いし、クリームチーズと合わせるのがお気に入りです。

f:id:yf-c:20210512085713j:plain

綺麗な色。赤のような濃いピンク色がとても可愛いです。

母にも食べさせてあげたいなあ。

 

今日食べてみたら、良いできでした!結構ゆるめだったので、もう少し煮詰めても良いかな?彼がジャムを食べないので一人で消費するのがちょっと大変です…

南アフリカのソーセージ、Boerewors。

5月に入ってファーマーズマーケットが始まりました。Riley Park Farmers Marketに行ったのですが、始まったばかりだからなのか、コロナの影響なのか、お店の数が少なく少し残念でした。これからお店が増えていくことを願っています。。

ひとまずお目当てだったルバーブが買えて良かったです。

そんな中、彼が見つけたのがソーセージ屋さんです。Stapleton SausageというSurreyにあるお店で、手作りのソーセージを作っています。できるだけBC州ので育てられたお肉を使っているみたいです。

ショーケースの中で目に付いたのは、渦巻型のソーセージ。なんとSouth African Boereworsという名前ではないですか。南アフリカ出身の彼は勿論知っていて、これが良いと即決。食べるのを楽しみにお持ち帰りしました。ソーセージは冷凍でされているので、解凍してから調理します。Surreyの店舗に行ったら生の状態が買えるのかな?

もらった冊子をみてみると、Boereworsについては説明が。ソーセージの90パーセント以上が肉である事、またその肉の脂肪分の量は30パーセント以下であることという決まりがあるそうです。他のソーセージにくらべるととてもリーンな配合です。食べるのがますます楽しみに!

これがBoereworsです。

f:id:yf-c:20210512082722j:plain

調理法はBBQが一番なのですが、無いので泣く泣くフライパンでできる調理法を。こんな時せめてグリルパン?のようなものがあったら良いのでしょうか…次はBBQを置ける家に住むのが夢です。焼き方はシンプルで、オイルをひいてじっくり焼くのがよいそう。弱火~中火で片面10~15分ずつ焼きます。私は生焼けが怖かったので蓋もしました。蓋をしたためか、肉のジュースが溜まってしまい良い焼き色がつかなかったので、キッチンペーパーでふき取ってと少し手間がかかってしまったので、蓋はしないで焼いた方がいいのかな?

食べ方は彼にお任せで、トマトソースを作りました。チャツネやバルサミコ酢が入った少し甘めのトマトソースです。他にはトウガラシの効いたトマトソースもあるそう。北米スタイルのケチャップ&マスタードはNGとのこと(笑)

わたしはバンズを焼きました。もう少しふわっとしてほしかったです。配合なのか、イーストで作った方がよいのか。勉強せねば。

f:id:yf-c:20210512083231j:plain

ソーセージの感想ですが・・・かなりドライです(私たちは良く焼いたというのもあるかもしれませんが)。そのドライなソーセージがトマトソースと良く合いました。肉がギュッと詰まっているので、とても食べ応えがありました。しっかり噛んで、お肉を良く味わえます。ジャーマンソーセージのようなプリ、パリ、ジューシーというソーセージも好きですが、これもあり!と思いました。いつかBBQで焼いたバージョンを食べられますように…

他にも色々な種類があったので、また試してみたいです。ベストセラーはPork&Appleというソーセージとのこと。いくつかのスーパーにも卸しているので、ファーマーズマーケットでなくても買えそうです。